MapleSim Heat Transfer Library - Maplesoft

MapleSim Heat Transfer ライブラリの概要

MapleSim Heat Transferライブラリを使うと、モデルに存在する伝熱効果を包括的に見ることができます。そのため、設計を改良することで性能を向上し、オーバーヒートを回避することができます。このコンポーネントライブラリは、熱問題が懸念されるあらゆる状況、特にモータ、バッテリ、プリンタ、製造装置などの発熱部品間に可変境界条件を含む場合に役立ちます。

  • モデルの伝熱効果を包括的に理解することができます。
  • 他のモデリングツールよりも迅速かつ簡単に新しい構成をテストできます。
  • ビルトインジオメトリを使って離散化モデルを生成し、システムレベルのシミュレーションで温度分布を自動的にチェックします。
  • より複雑な形状を扱う場合は、設計の材料と形状をカスタマイズできます。

モデルに伝熱効果を含める方法をご紹介します。

MapleSim のデモや評価版のリクエスト

コンポーネント

MapleSim Heat Transferライブラリには、一般的な状況だけでなく、以下のようなカスタムジオメトリや材料をカバーするためのさまざまなコンポーネ ントが含まれています。

事例

MapleSim Heat Transferライブラリは、熱問題が懸念されるあらゆる状況に役立ちます。CAD モデルに具現化された非常に複雑なジオメトリは、多くの情報を提供することが多く、システムレベルの探索中に伝熱をシミュレーションすることが不可能になります。MapleSim Heat Transferライブラリを使用すると、システムレベルのモデル内で、よりシンプルで十分な形状を使用して設計を表現することができ、モデル内の伝熱効果を調査して設計を改善することが可能になります。ここでは、このライブラリが役立つ状況のほんの一部をご紹介します。


モデルの発熱で課題を抱えていませんか?私たちがお手伝いします! Maplesoftエンジニアリングソリューションチームにご連絡ください。