MapleSim™ Connector for JMAG®-RT - Maplesoft

MapleSim Connector for JMAG®-RT

MapleSim Connector for JMAG-RT




MapleSim Connector for JMAG-RTを使用すると、JMAGの強力な有限要素解析(FEA)機能とMapleSimの高度な物理モデリングアプローチを組み合わせ、各システムのコンポーネントをシームレスに組み込んだ高忠実度のシステムモデルを作成できます。

  • MapleSimマルチドメインシステムモデルの一部として、JMAGの非常に詳細なモータと発電機モデルを含めることができます。
  • JMAGモデルのインダクタンス情報や反起電力情報をもとに、トルクや回転数などの出力特性を実装することで、システムモデルをさらに洗練させることができます。 例えば、非対称モータの構造に起因する非正弦波状の磁束や電流を取り入れることができます。
  • システムモデル全体の高度に最適化された自動生成コードを生成します。これはリアルタイム実行やハードウェアおよびソフトウェアのループ内テストに適しています。

使い方

  • JMAGのFEA手法を用いて、熱、構造、振動など様々な要素を考慮した電動機や発電機の開発、解析、微調整を行います。
  • JMAG-RTを使用して、JMAGモデルをリアルタイムシミュレーションに適した形にエクスポートします。
  • MapleSim の直感的な物理モデリング環境を活用して、他のサブシステムの高忠実度の物理モデルを作成します。
  • MapleSim Connector for JMAG®-RTを使用して、JMAG-RTファイルをMapleSimモデルにシームレスに組み込むことができます。
  • 新しいシステムレベルのモデルを探索します。シミュレーションの実行、解析のカスタマイズ、または全く新しいスクリプトの作成、最適化の実行、高度な記号的制御法則の開発、新しい結合モデルをシステムレベルで調査することで、コンポーネントを個別に考慮した場合には得られない洞察を得ることができます。


アプリケーション

MapleSim Connector for JMAG-RT は、モータや発電機がシステムの他のコンポーネントと重要な相互作用を持つ可能性のあるシステムの開発に適しています。特に電気自動車やハイブリッド電気自動車のアプリケーションに適しています。