MapleSim™ Connector - Maplesoft

MapleSim Connector

MapleSim Connector




MapleSim Connector を使うと、MapleSim の高性能なマルチドメイン環境を既存のツールチェーンに統合することで、Simulink® モデルを強化および拡張することができます。


MapleSim の直感的な物理モデリング環境で、システムモデルを迅速に開発し、最適化することができます。このツールボックスを使用すると、高性能で忠実度の高いMapleSimモデルが自動的にS-Functionブロックに変換され、Simulinkダイアグラムにシームレスに含めることができます。

MapleSim Connectorは:

  • カスタムコンポーネントを含むMapleSimモデルをSimulinkにエクスポートします。
  • Simulink のS-Functionブロックを生成し、Simulink内での高速な実行と、Simulink Coder™を介してリアルタイムに実装することで、dSPACE®、xPC Target™、B&R Automation Studio Target for Simulinkなどのサポートされているプラットフォーム上でシミュレーションを行うことができます。
    • S-Functionは、MapleSim で生成された記号的に簡略化されたシステム方程式から作成され、コンパクトかつ非常に効率的なモデルを実現します。
    • 結果として得られたコードは、Maple の強力な最適化ツールを使用してさらに最適化され、高速な実行を保証します。

MapleSim Connectorのデモを見る

製品の詳細

  • Simulinkダイアグラムに含めるために、MapleSimモデルからANSI CコードのS-Functionブロックを生成します。
  • 離散イベントを持つシステムを含む、すべてのMapleSimモデルをエクスポートします。
  • Simulink内での高速実行とSimulink Coder™によるリアルタイム実装のための効率的なS-Functionを生成します。
  • 代数ループを含む系やインデックス2以上のDAEを持つシステムなどの複雑なシステムに対して、効率的なS-Functionを生成します。
  • ユーザー定義可能なパラメータマスクを持つマルチ入力/マルチ出力ブロックを生成するため、Simulinkブロック作成後すぐに使用できます。
  • MapleSim カスタムコンポーネントを含むモデルをサポートし、ユーザー定義のプロシージャを自動的に組み込みます。
  • 出力に影響を与えないすべての入力ポートを非フィードスルーとして指定します。 これにより、Simulinkブロック間の代数ループをより効果的に処理できるようにします。
  • モデルが使用するルックアップテーブルを外部ファイルにエクスポートすることで、シミュレーション実行時に読み込んだテーブルデータを、モデルを再コンパイルすることなく変更できるようにします。
  • パラメータやオプションの設定、生成されたコードの閲覧、Simulinkへのモデルエクスポート用の直感的でステップバイステップのインターフェースを備えた使いやすいMapleSimテンプレートを提供します。
  • インタラクティブなインターフェースの代替として、またユーザー独自のアプリケーション開発のために、すべての機能へのプログラムによるアクセスを提供するMaple言語コマンドが含まれています。
  • Simulinkブロック用の変更可能なブロックドキュメントを自動的に生成します。これはブロック定義に組み込まれ、Simulink内からアクセス可能です。
  • S-FunctionブロックをSimulinkモデルに直接配置したり、Simulinkブロックライブラリに保存して、複数のSimulinkモデルにブロックを簡単に組み込むことができます。
  • Simulink でシミュレーションを行った場合でも、MapleSim の強力な結果管理ツールを使用して、エクスポートした MapleSim モデルを含むシミュレーション結果の表示、デバッグ、および可視化をサポートします。