B&R MapleSim Connector - Maplesoft

B&R MapleSim Connector

B&R MapleSim Connector



B&R MapleSim Connectorを使用すると、アドオン製品のデジタルツイン技術を制御ソフトウェア開発のプロセスに統合することができ、バーチャルコミッショニングをオートメーション企業が今日採用する現実的な技術にすることができます。B&R MapleSim  Connectorは、システムレベルのモデリング環境MapleSim)とオートメーション設計環境(B&R Automation Studio)の間で、簡略化されたワークフローを作成します。このコネクタにより、設計者は同じワークフローでデジタルモデルの作成とPLCコードのテストを行うことができるため、変更が容易で実装コストがかからない設計段階で貴重なフィードバックを提供することができます。



B&R MapleSim Connector

B&R simplifies model-based machine development with the new B&R MapleSim Connector. It considerably reduces the time spent on modeling machine components.


MapleSim は、寸法に影響を与えるトルクや、その他の力とともに、機械部品の詳細なモデルを作成できる効率的な方法です。
- Dr. Kurt Zehetleitner, B&R Industrial Automation

B&R MapleSimConnectorの利点:

MapleSim と B&R Automation Studio の両方で使用するために、以前の CAD データを活用してデジタルモデルをすばやく作成します

プロトタイプを作成する前に、設計とアクチュエータを正確に把握します。

物理的なマシンに接続する前に、制御ソフトウェアをテストします。

B&Rの scene viewerで、制御コードに対するメカニズムの応答を確認し、マシンソフトウェアをデバッグします。

効果的な慣性と近似加速度で推測する必要がありません ― モデルの力/トルクを直接SERVOsoftにエクスポートします。

モデルのシミュレーションデータと機械の感知されたトルク/荷重を比較することで、予知保全と診断を実行します


Digital Twin

B&R MapleSim Connectorを使用したバーチャルコミッショニング

無料ホワイトペーパー

次のプロジェクトでは、B&R MapleSim Connectorを使いましょう:

    初期コンセプトの迅速な作成とテスト
  • MapleSim は、設計概念のプロトタイピングとテストを素早く行うことで、より多くのアイデアを短時間で試すことができ、プロジェクトを素早く製品開発の軌道に乗せることができます。

  • 高忠実度のモデル
  • MapleSim は、in-the-loopシミュレーション、コントローラ設計、最適化、感度解析、およびパラメータスイープなどのアクティビティに適した忠実度が高く、計算効率の良いモデルを生成します。

  • デジタルツインズの効率的な使用
  • B&R MapleSim Connectorは、開発プロセスにおけるデジタルツインの効率的な使用のために、2つの合理化されたエクスポート機能を提供します。まず始めに、モデルのシミュレーションデータは、サーボドライブ、モータとギアボックスを「適切なサイズ」にするために、SERVOSoftが直接読める形式でエクスポートします。次に、モデル自体はCADの可視化と共に、制御コードのテストのためにAutomation Studioにエクスポートします。

  • モデルをハードウェアに迅速に転送
  • Automation Studioでモデルをシミュレーションし、B&Rの制御ハードウェアに直接転送することができます。その結果、機械の動作がリアルタイムでエミュレートされ、機械ソフトウェアを安全にテストできる制御環境が構築されます。デジタルモデルの動作は、B&R Scene Viewerで可視化されます。