MapleSim Web Handling Library - Maplesoft

MapleSim Web Handling Library MapleSim Web Handling Library

MapleSim Web Handling Libraryは、ロールtoロールプロセスをシミュレートするためのコンポーネントを持ち、張力の管理、ウェブ速度の最適化、ウェブの遅れの低減ができます。

MapleSim間無料でお試しいただけます ソフトのインストールは不要です

 

MapleSim Web Handling Libraryは、装置開発の一環として、ウェブにかかる張力のモデルを簡単に作成できます。

この MapleSimのアドオンライブラリを使うことで:

  • ロール to ロールシステムを通過する紙、織物、金属箔、プラスチックフィルムなどのウェブのダイナミクスをモデル化
  • ウェブハンドリングシステムのパフォーマンスを3Dで可視化表示
  • ニップローラー、ダンサー、アキュムレータなどの機械モデルを忠実に再現可能
  • 制御検証のためのシステムモデリングの開発
  • その他
 

特長

  • ニップローラー、アイドラー、巻き取りドラムなどのコンポーネントを使用して、ウェブハンドリングシステムベースのモデルを作成し、 さまざまなウェブ速度や材料の厚さにおけるパフォーマンスを確認できます。
  • ウェブの特性、巻き付き角度、ウェブの滑り、ベアリング荷重など、ロール to ロールシステムの 現実的な挙動を取り入れています。
  • 力の向きと大きさを示す矢印やカラーマッピングを用いて、ウェブの流れやシステムの張力を 3Dで可視化表現し、システムを探索します。

MapleSim Web Handling Libraryには、モデルに合わせてカスタマイズ可能な様々なコンポーネントが含まれています。機能は、次の通りです。:



デモを依頼する

マシンのパフォーマンスに問題がありますか?

弊社のターンキーソリューションは、モデルの専門知識がなくても、機械の性能を診断、修正、最適化できます。
詳細はこちら
産業界の事例:

ウェブ張力を調整するスプリング式ローラーダンサー

ウェブの張力は、ブレーキやクラッチ、ドライブなどによってロールの中心にかかるトルクで管理されています。張力制御装置は、このトルクを調整することで、工程中に必要な修正や調整を行い、連続生産を可能にします。
スプリング式のダンサーを使用することで、巻き戻し時のロール半径の変化に応じてコントローラがテンションを調整することができます。 MapleSim Web Handling Library を使用して巻き 戻しゾーンの正確なモデルを作成し、ダンサーアームの回転角度に基づいて必要なブレーキトルクをコントローラで計算します。

このようにして、制御エンジニアは、ウェブ張力の忠実なシミュレーションデータを作成し、物理的なプロトタイプの開発に必要な時間とコストを削減することができます。シミュレーションは数日ではなく数分で完了するため、エンジニアはブレーキの応答性やウェブの速度など、複数の設計を迅速にテストすることができます。

MapleSimコネクタとアドオンライブラリの詳細はこちら
詳細を見る