MapleMBSE™ システムエンジニアリング: コネクテッド
MapleMBSE Systems Connected

MapleMBSEソフトウェアとサービスは、デジタルエンタープライズ・イニシアチブにおけるMBSEのメリットを加速させます。

  • プロジェクトのタスクを遅延させることなく、人、プロセス、プラットフォームを繋げることで、システムエンジニアリングモデルに深みを与えます。
  • MapleMBSEを使用することで、システムに関する知識を分野横断的なステークホルダーから簡単に取得できるようになり、エンゲージメントを高め、モデルの信頼性を高めることができます。
MapleMBSE Systems Engineering: Connected
MapleMBSEでは、次のことができます。
  • • デジタルエンタープライズ・イニシアチブにおけるモデルベース・システム・エンジニアリング(MBSE)のメリットを加速させることができます。
  • • システムモデル通信の強化により、ナレッジキャプチャのエラーが減少し、プロジェクトのリスクとコストが削減されます。
  • • 分野横断的なコラボレーションを効果的に行い、ナレッジキャプチャを効率化できます

経験豊富なエンジニアが、お客様のシステムモデルをMBSEのベストプラクティスに沿ったものにするお手伝いをさせていただきます。



Upcoming Events & Workshops

 
SEPT
19-23
 
MapleMBSEを導入することで、時間を節約し、プロジェクトのオーバーランを減らすことができます。
Can your team benefit from speeding up project tasks by 51%?

MapleMBSEの実装は、より明確なコミュニケーションの基盤から始まります。リソースの関与は負担が少なくなり、役割はきれいに噛み合います。よりシンプルな知識獲得プロセスは、他の役割や分野からの知識の収集にコミットする時間を少なくします。

自動車用トランスミッションのシステム開発の例において、日産自動車は、MapleMBSEツールの使用により、典型的なSysMLモデリングタスクの完了時間を50%以上短縮され、学際的なチーム全体で生産性が2倍向上したことを確認しました。複数のチームの知識を効率的に共有することで、誰もが信頼できる、より正確なモデルを得られました。

日産自動車のプロジェクトが軌道に乗るにつれ、関係するチームはより積極的に取り組み、より速く、より効果的に分野を超えてコラボレーションを行うようになりました。

MapleMBSEのインターフェースは適応がシンプルで、システムエンジニアリングのモデル調整の柔軟性を高め、全体としてナレッジキャプチャのエラーを減らすことができます。

エラーによる手戻りをなくし、ツールの誤用やコミュニケーション不足による障害を取り除けば、連携するチームはシステムエンジニアリング・プロジェクトをより迅速に、予算内で実現することができます。

例えば、IBM Research が発表した研究では、MapleMBSE を使用すると、標準的な MBSE ツールを直接使用して同じタスクを実行した場合と比較して、タスクの完了が速くなり、エラーが減少したことが示されています。全体として、MapleMBSEを使用した場合、エラーが75%減少しました。

How would your MBSE project perform if errors were reduced by 4X?
どのように機能するのですか?
MapleMBSEが、どのようにMBSEプロジェクトのリソースとシステムを接続し、リスクを低減し、より速く作業できるようにするかをご説明します。
CONNECTING PEOPLE

MapleMBSEを使用して人を繋ぐことで、すべての関係者が費やす時間をより生産的にし、MBSEプロセスへの抵抗を減らすことができます。

  • シンプルで直感的なインターフェースは、データ入力のミスやプロジェクトタスクの誤解を解消し、一貫したデータを提供します。
  • • SME(サブジェクト・マター・エキスパート)やその他のステークホルダーは、自分たちが理解し、簡単に適用できるツールを使うことで、プロジェクトにより積極的に参加するようになります。
CONNECTING PROCESS KNOWLEDGE

プロセス知識をMapleMBSEと連携させることで、エラーや混乱を減らしながら、システムモデルの信頼性を向上させます。

  • MapleMBSEでは、ステークホルダーのより深い知識をシステムモデルに取り入れることができます。
  • チームのエンゲージメントが高まると、分野横断的に共有される情報が最新で,一貫性を持ち、適切であるため、システムモデルがより効果的に機能するようになります。

 

CONNECTING PLATFORMS

MapleMBSEをプラットフォームと接続することで、双方向の更新が可能になり、コンテンツの一貫性が保たれます。

  • MapleMBSEは、RhapsodyCameo/Teamwork CloudCapellaなどの主要なMBSEツールとの接続に対応しています。
  • システムエンジニアは、ユーザーのサポートと、双方向のデータ更新の管理に精通します。



次のステップに進む準備はできていますか?