New Features in MapleSim - High-Performance Multi-Domain Modeling and Simulation - Maplesoft

MapleSimの新着情報

リリース 2022


MapleSim 2022製品群は、モデリングと接続性において、お客様のご要望に直接お応えするものを含め、多くの改良を加えています。


強化されたモデリングツール

MapleSim 2022は、現場のエンジニアからのフィードバックに応え、モデル開発をより効率的にする様々なビルトインライブラリやアドオンライブラリ、ツールボックスの重要なアップデートを行いました。

Collection of screenshots from MapleSim 2022
ビルトインモデリングツール
  • 結線不要なTo-Fromブロックの利用において、より多くの種類の信号を扱うことが出来るようになりました。モデルダイヤグラムの煩雑さを軽減することができます
  • 新しいDirectional Control Valve Builderアプリでコントロールバルブを簡単に作成し、カスタマイズできます
Live Webinar
June 23rd at 10am EDT

MapleSim Web Handling Libraryは、ロール・ツー・ロールプロセスをシミュレーションするためのモデリングコンポーネント一式をもたらし、テンションの管理、ウェブ速度の最適化、ウェブスリップの削減を支援します。このアドオンライブラリの新しいリリースは、そのモデリング範囲を拡大します。

  • 新しいラミネートサブセクションは、複数のウェブ層の結合をシミュレートすることができます。
    • 梱包材や様々な民生品でよく使われるラミネートのモデリングをサポートするコンポーネントが追加されています。
    • multiplexコンポーネントは、それぞれ別のウェブ特性を持つ、最大10層の素材を扱うことができます。

  • 内径設定やラップ角ゼロのニップローラーのサポートなど、ウェブシステムのレイアウトをより簡単に定義できるローラーパラメータを新たに内蔵しました
MapleSim Web Handling Libraryについての詳細はこちら。
Web Handling Screenshots.jpg

MapleSim Heat Transfer Library

MapleSim Heat Transfer Libraryを使用すると、モデルに存在する熱の効果を包括的に把握することができ、設計を改良して性能を向上させたり、オーバーヒートを回避したりすることが可能になります。  このアドオンライブラリの新リリースでは、流体のネットワークをモデリングするための新しいコンポーネントが提供されます。

  • 新しいAir OrificeコンポーネントはISO Standard 6358に基づき、亜音速とチョーク流れの両方でオリフィスを通過する流量計算をカバーしています。
  • Air ChangeとWater Changeコンポーネントは、流れの拡大や縮小など、フローネットワークの急激な変化や緩やかな変化のモデリングを可能にし、CraneとHooperのモデルをサポートします。

MapleSim Heat Transfer Libraryについて詳細はこちら。


MapleSim Battery Library

MapleSim のアドオンである MapleSim Battery Library を使用すると、物理ベースのバッテリーセルの予測モデルをマルチドメインシステムレベルモデルに取り入れることができます。新しいリリースでは、バッテリーモデルをより簡単に構築できるよう、いくつかの改良が加えられています。

  • バッテリーデータアプリでは、電圧とエントロピーの充電入力をカスタマイズすることができます。
  • バッテリーチャージャーの例では、独自のユースケースを簡単に構築することができます。

MapleSim Battery Libraryについての詳細はこちら。


MapleSim CAD Toolbox

MapleSim CAD Toolbox を使用すると、機械系 CAD モデルがより大きなマルチドメインシステムの一部としてどのように動作するかを確認し、MapleSim の高度な解析ツールを適用して設計を改善することができます。このアドオンツールボックスを使用すると、CADモデルをMapleSimに簡単にインポートでき、モデルコンポーネントの運動学的および動力学的特性を自動的に取り込むことができます。  リリース2022では、多くのCADツールの最新リリースとの互換性に関して、このツールボックスはアップデートされました。MapleSim CAD Toolboxは、Inventor®, NX®, SOLIDWORKS®, CATIA® V6, Solid Edge®, 3D ACIS®, Pro/Engineer® / PTC® Creo, Parasolid®, AutoCAD® 3D, I-deas®, IFC® v4, IGES®, などと使用することが可能です。

MapleSim CAD Toolboxについての詳細はこちら。


MapleSim Insightのアップデート

MapleSim Insightは、マシンビルダーに強力なシミュレーションベースのデバッグと3Dビジュアライゼーション機能を提供し、お使いの自動化ツールに直接接続することができます。2022年のリリースでは、MapleSim Insightは新しい生産性と接続性機能を提供します。

  • 新しい結果管理ツールでは、複数のシナリオにまたがるシミュレーション結果を素早く確認することができます。
    • 異なるパラメータ値でシミュレーションを行う場合、結果に名前を付けて保存し、後で検索することが可能です。
    • 同じ軸にプロットを重ね合わせることで、複数の結果を簡単に比較することができます。
    • 保存された結果には説明書きを加えることができ、シミュレーションのバージョンを特定したり、以前の作業を再開したりすることが簡単にできます。

  • MapleSim Insightは、EtherNet/IPを使用してオートメーションソフトウェアに接続する際のデータマッピングを強化しました。  MapleSim Insight は、これまでも特定の FMU のElectronic Data Sheet (EDS) ファイルを自動生成していましたが、今回、ロックウェル・オートメーションの Studio 5000® ソフトウェアファミリで使用する RSLogix 5000 ファイル (L5X) も追加で提供するようにしました。  これらは、EtherNet/IP データを Logix Designer® 内のタグにマップするために使用できます。
  • 新しいチュートリアルモードにより、MapleSim Insightの利用における生産性をより早く向上させることができます。ハンズオン・ガイドは、新しいユーザーが一般的なタスクを通して説明するので、簡単に始めることができます。

MapleSim Insightについての詳細はこちら。