デジタルツインのメリット - Maplesoftエンジニアリングソリューション

デジタルツインのメリット


デジタルツインは、お客様の製品を仮想的に表現したものであり、診断、メンテナンス、製品のイノベーションに最適な技術です。最新のバーチャルコミッショニングに不可欠な要素であるデジタルツインは、迅速かつ正確なPLCテストのためのリアルなモデルとして機能し、設計上の問題が生産現場に到達する前の解決に貢献します。

モデルベースのデジタルツインは、挙動を予測するための物理的な性能データを必要としないため、より幅広いエンジニアリングのタスクに使用できます。

  • 概念的な開発:動的な動作を予測するモデルで設計概念を非常に早い段階で実験することで、強力な洞察力が得られ、エンジニアはより多くの情報に基づいた意思決定を行うことができます。
  • バーチャルコミッショニング:最初の組み立てのずっと前から、エンジニアはアクチュエータがデューティサイクル中に直面する定常状態と過渡状態の負荷を予測することができます。これにより、過剰な設計を回避しながら、アクチュエータのサイズを適切に決定して故障を回避することができます。
  • オンライン診断:デジタルツインを実機と並行してシミュレーションすることで、経年変化に伴ってマシンの応答がモデルからずれていくため、問題が発生する可能性のある場所について貴重な知見を得ることができます。
  • バーチャルセンサー:デジタルツインの動的応答は厳密な物理法則に基づいて構築されているため、特定の計算された特性を制御システムの入力として使用することで、故障したセンサーを修理できるまで交換するか、またはその使用を完全に排除することができます。どちらのシナリオでも、コストを大幅に削減することができます。
  • 予測メンテナンス:機械のメンテナンススケジュールを決定する要因は数多くありますが、デジタルツインがないと予測が難しいために見落とされがちな要因が1つあります。この要因は、デューティサイクルの変化によるベアリング、ギア、モータへの動的負荷の影響です。デジタルツインを提案されたデューティサイクルにかけることで、これらのコンポーネントにかかる負荷を判断することができ、コンポーネントの寿命への影響を計算するのに役立ちます。
  • 製品の充実:デジタルツインを使用することで製造者は、機械を安全に操作できる速度(1分あたりのサイクル数)や、どれくらいの重量の負荷を移動させることができるかなどの重要な質問をすることができます。技術部門と何度もやりとりを交わす必要はありません。これにより、メーカーはより優れたイノベーションを提供し、競合他社との差別化を図ることができます。
  • 営業ツール:エンジニアリング部門以外では、デジタルツインを使用してお客様の仕様を確認することができます。お客様にとって、この情報は、エンジニアによる完全なコンサルテーションを必要とせずに、異なるペイロードや運転条件で機械の性能を検証するのに役立ちます。

次のページ:バーチャルコミッショニングのためのデジタルツイン
バーチャルコミッショニング(仮想試運転)とは?

Free E-Book:
Virtual Commissioning

See how the people, processes, and technologies associated with virtual commissioning affect manufacturing decisions.