バーチャルコミッショニングのための技術 - Maplesoft Engineering Solutions

バーチャルコミッショニング(仮想試運転)のための技術


バーチャルコミッショニングが産業オートメーション業界で実用化されるためには、バーチャルモデルの作成は、ニッチな専門家以外でも十分に使用できる必要があります。高度なモデル駆動設計の開発は、産業オートメーション業界が現在デジタルツインと呼んでいるものを形に取っています。さらに、モデル接続のためのソフトウェア基準も大幅に改善されています。これらの技術により、オートメーション業界全体でバーチャルコミッショニングの実用化が可能になっています。


モデル駆動型のデジタルツイン

デジタルツインは、対象となる物理的な製品を動的に、かつ仮想的に表現したものです。これらのモデルの目的や忠実度は多岐にわたりますが、診断、設計変更、バーチャルコミッショニングプロセスと製品との強力なコネクションとしての役割を果たします。企業では、これまで非現実的であったり不可能であったりした方法で製品を最適化するために、デジタルツインを使用するケースが増えてきています。

MapleSim のようなシステムレベルのモデリングツールを使用すると、モデル駆動型のデジタルツインの作成を設計プロセスと並行して始めることができます。バーチャルコミッショニングの過去の試みではモデルベースの技術を使用していましたが、一般的な使用に必要な忠実性と柔軟性が不足していました。現在では、モデリングツールにより、エンジニアは他のツールからCAD情報をインポートしてプロセスを開始することができます。このCADインポート技術は、デジタルツインを産業オートメーション市場でより身近なものにするための重要な開発となっています。モデル駆動型のデジタルツインは、バーチャルコミッショニングをより身近なものにし、設計プロセスに他のさまざまな機能を追加することで、産業オートメーション業界の重要で注目すべき新しいトレンドとなっています。


Functional Mock-Up Interface

以前は、プラントモデルの複雑な物理現象をPLC設計のロジックベースのシステムとは異なるプラットフォームでシミュレートしていました。バーチャルコミッショニングを本格的に開始するには、モデルをシームレスに接続する必要がありました。2010年には、さまざまなモデルベースのプロセスのための標準インターフェースとして、Functional Mock-up Interface(FMI)が導入されました。

FMIスタンダードは、さまざまなソフトウェアツールでインポートとエクスポートを可能にする情報の集合体です。FMIは、変数定義、Cコードまたはコンパイル済みライブラリのシステム方程式のフルセット、モデルに関連するその他のパラメータを含む、アーカイブベースの1つのファイルとして定義されています。その後、FMIの採用が増え、40以上のエンジニアリングツールでサポートされています。FMI は、モデルベースのデジタルツインをPLC制御ソフトウェアにエクスポートするための重要な技術です。


次のページ:バーチャルコミッショニングワークフロー
バーチャルコミッショニング(仮想試運転)とは?

Free E-Book:
Virtual Commissioning

See how the people, processes, and technologies associated with virtual commissioning affect manufacturing decisions.

Maplesoftエンジニアリングソリューションのエキスパートが、お客様の設計プロジェクトを支援します。

方法を尋ねる